二重まぶたにする方法はアイプチ、アイテープで簡単に!

一重まぶたの謎

ある書物によると、白人や黒人は二重まぶたのみで、一重まぶたは滅多に存在しないらしい。

 

一重まぶたが多く住んでいるのは、殆どがアジア人で、特に日本人、韓国人、中国人に多いとされている。

 

いわなる北東アジアと言われる地域で、北に位置する一部の地域のみだと言われている。

 

一重まぶたを英語で、Oriental eyelid(東洋のまぶた)と呼ばれ、アジア人、いわゆる東洋人に多い事がわかるが、それは一体なぜなのだろうか。

 

人類は450万年前にアフリカで誕生したいわれているが、そのうちの一部の祖先がアフリカを離れ、東南アジアやアジア大陸、中にはシベリアまで移住していった祖先もいるらしい。

 

日本人のルーツには色々な説があるが、この時に移住してきた祖先が縄文系と呼ばれる日本人の祖先であると言われている。

 

その後、2万年前に氷河期となり、シベリアに移住した祖先を寒さから身を守るために、目の脂肪を増やし、二重まぶたから一重まぶたに移行したのではないかと言われている。

 

しかし、一重まぶたにになっただけでは寒さには耐えられなく、南を目指して歩き、中国や韓国さらには日本へと移住を始めた。

 

このことから、日本人にも一重まぶたの人が多いのではないかと言われている。

 

この一重まぶたの人を弥生系と言われている。

 

因みに、まぶたの遺伝子を調査してみると、二重まぶたは優性遺伝子、一重まぶたは劣性遺伝子となり、二重まぶた同士の子供は二重まぶたになる確率が高く、二重まぶたと一重まぶたの人の子供は二重まぶたになる確率が高いそうだ。

 

しかし、これも諸説色々あるので本当のことは分からないが興味が湧く話ではあります。